始め方

投資の成績

2019年の投資成績

今回は2018年末にがっつり株価が下がっていたので、そもそもハードル低いですが、よく頑張ってくれました。今年一年で38.90%の値上がりです。同期間の日経平均24.74%、S&P500が37.05%、円建てS&...
財務諸表の項目

負債合計を見るときのポイント

負債合計を見るときには純資産に対しての割合を見ていきましょう。全体的に言えることですが、売上高や資産、負債の数字の大小だけではなかなかその企業の本質が見えないものです。売上高に対してどれだけ利益が残るかとか、資産と負債の割合がどうかとか、...
投資アイディア

日経平均連動のETFまとめ―レバレッジ型にインバース型?ブルとベア?強気や弱気のETF表現も

指数連動ETFをみていると、レバレッジ型、インバース型、ブル、ベアなどが名前についていることがあると思います。それぞれの意味をここで整理します。 そもそも指数連動ETFとは まず初めの基礎の指数連動ETFの動きです。これはター...
投資アイディア

米国ETF、結局どの運用会社のを買えばいいの?

米国のETFを調べていると、同じ指数に対して複数の運用会社がETFを設定しており、どれにすればいいか迷うこともありますよね。今回は米国ETFの運用会社に注目してみます。 大手の運用会社はブラックロック( iシェアーズシリーズ )、バ...
財務諸表の項目

有形固定資産の取得による支出を見るときのポイント

さて、いよいよキャッシュ・フロー計算書の重要ポイントを見ていきます。 有形固定資産の取得による支出 は遠い将来を見据えてするもの 有形固定資産の取得による支出はざっくりいうと事業をするための先行投資にあたる部分です。有形は...
投資資金集め(節約・貯金とか)

複利の力を味方にしよう:72の法則、単利と複利とは

投資の世界を語る上で、複利の力に触れない訳にはいきません。しかしド文系・非経済系学部のわらびーにとっては大変イメージしづらい世界でもあります。そこで様々な計算を実際に行うことで複利の力を感じていければと考えています。 単利と複利を比...
投資資金集め(節約・貯金とか)

投資を定義する:投資・投機・浪費をしっかり区別

投資って、株や債券や、ほかの資産を買うことでお金を増やしていくことだと思っていませんか。もちろんそういう意味で投資という言葉を使うことは多いと思います。ただ、「投資は危ない」という言葉も聞きます。また、「自己投資」というような言葉もありま...
投資資金集め(節約・貯金とか)

家計簿のつけ方:なぜつける?どうすれば続けやすい?

家のお金の流れを見る上で、家計簿は大変便利です。ただ、続けるのが大変。そこでアプリ・手書き両方に使える、続けやすいポイントを紹介します。 食費・日用品は月額を決める(アプリ・手書き) レシートで一番多いのは食費・日用品だと思い...
投資資金集め(節約・貯金とか)

家計見直しをする上でのポイント2つ

投資資金集めに限らず、日々の家計を見直すことで貯金しやすくなったり、自分が使いたいものにお金を回せるようになったりするので時々それをやっておくのは良いことです。ただ、その際にどういうところを重点的に見るかで結果は大きく変わってきます。まず...
投資資金集め(節約・貯金とか)

何を節約すればいいか分からない…そんな時は自分の中の当たり前を疑ってみる

日々節約を心がけてもなかなか支出が減らない…月の収支がトントンでなかなか貯金できない…そんな人でも一発で支出削減する方法があります。それは自分が「無いと困る」と思うものを、本当に「無いと困るのか」考えてみることです。 車は一人一台の...
タイトルとURLをコピーしました