日銀のレートチェック、円高につながるか

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

日銀が為替介入を見据えたレートチェックを実施しました。

実際に円買い・ドル売りの介入をするかどうか、また介入した際の効果がどれほどあるか、は懐疑的な意見もあるようです。

その理由の一つに挙げられているのが金利差です。

金利差故の円安ドル高であるため、円安の歯止めをかけるのは難しいとのことです。

ただ気になるのは金利差に働きかける手段は無いのかというところ。

日銀が現在導入しているイールドカーブコントロールを変更する場合、金利差という前提が変わることになります。

そうなった場合は円高に向かう可能性も十分あるように思えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました