決算も出揃ったところでGAFAMTの年初来パフォーマンス比較

スポンサーリンク
投資アイディア
スポンサーリンク

米国株の牽引役であるGAFAMTの決算が出揃いました。そのタイミングで年初来のパフォーマンスがそれぞれどのようになっているか、パフォーマンス比較をしておこうと思います。

まずはGAFAの4企業から比較です。

緑がS&P500(VOO)、青がMeta(META)、黄色がAlphabet(GOOGL)、黒がAmazon(AMZN)、赤がApple(AAPL)

チャートでどうしても目立つのはMETA(旧フェイスブック)ですね。新たな収益源としてメタバースに力を入れると宣言し、何なら社名まで変えたのですが…それに反してパフォーマンスはよろしくないようです。

METAはシェリル・サンドバーグCOOの退任やネガティブな書籍の出版などあまりいいニュースを聞きません。最近だとMETAで働くのはカッコよくないという価値観もあるとか…4-6月決算も利益・売上高ともに市場予想を下回り、それも株価に影響しているようです。

アマゾンは参加のリビアン・オートモーティブに振り回された決算もありましたが、直近の決算はAmazon Web Serviceが好調で好決算だったようです。

グーグルの親会社、アルファベットは決算こそ奮わなかったものの、決算後に株価は上昇しています。しかし、S&P500指数と比べると年初来ではパフォーマンスで劣ります。

アップルはこの中で唯一S&P500指数よりパフォーマンスが優れています。やはり米国株最後の牙城はアップルなのか…ちなみに我が家ではアップル製品は一つもありません。唯一あるのは株のみ。笑

それからマイクロソフトとテスラも見ておきましょう。

緑がS&P500(VOO)、青がMicrosoft(MSFT)、黄色がTesla(TSLA)

変わらずボラティリティの高いテスラ。決算は良かったようですね。

反対にマイクロソフトは決算よくなかった模様。その割には株価は健闘しているかもです。

全体的に見てGAFAMTはパフォーマンスが優れない状況が続いています。2022年は最後までそうなるのか、引き続き注目していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました