利上げ・量的引き締めを前に米国債はどう動いているのか

投資アイディア

FRBの利上げが始まり、利上げがあるかどうかではなく、ペースが0.25%か0.5%かが話題になるなど比較的早いペースで行われると予想されています。

合わせて量的引き締めも行う見通しで、そのペースもかなり早くなりそうと予想されています。

そのような中で米国債の価格はどのように動いているのか、ETFを使い見てみましょう。

緑がVGSH(短期債券)、青がVGIT(中期債券)、黄色がVGLT(長期債券)、黒がEDV(超長期債券)  

基本的には利上げ・量的引き締めの環境下では債券は売られることになります。その下落幅は年限が長いものほど大きくなります。

投資を始めた頃は「債券は安全、株は危険」というイメージがありましたが、必ずしもそんなことは無く、投資環境によってはこのように大きく債券が下落することもあるようです。

今は投資妙味を見出しにくい状況ですが、大きく下がった後は投資したくなる資産に変わる可能性もあります。今後も定期的にウォッチしていこうと思います。

米国債ETFの値動きまとめ
米国債のETFの値動きをまとめたページです。利上げや利下げなどのイベントが起きた際にどのような値動きをするのか参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました