米国10年債の金利がまた上昇中

ニュース

米国10年債の金利が上昇してきました。注意を払うべき状況かもしれません。

52週レンジ1.7650に対して、現在1.7390です。

長期金利の上昇自体は景気が強いときに起こることなので、そんなに悪いことではありません。

しかし、その上昇のスピードが速いときには注意が必要です。下記の記事で書いた通り特にグロース株には強い逆風となる可能性があります。

始まったらどうにもできない…マルチプル・コントラクションとは

1.7650はコロナ後のもっとも高かった金利水準でもあるので、これを超えてくると新フェーズ突入という感じも強く受けます。

さて、どうなるか…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました