東証再編、今後の注目点

ニュース

東京証券取引所の市場再編を目前にし、状況が見えてきました。東証一部上場企業を選別する効果も期待されたこの市場再編でしたが、一旦は東証一部のうちの9割が再編先の最上位市場である「プライム」へ上場するようです。

東証1部の9割「プライム」移行 絞り込みは小幅:日本経済新聞

基準を満たさない企業もプライムへの移行が可能だったのは経過措置を設けたから。プライム基準に満たなくても改善のための計画書を提出することで一旦はプライムに移行し、それから基準に適合するよう対策ができるということのようです。

わらびーの持ち株の中でもこの計画書を出す企業がいくつかありました。そこで今後気になる点は2つあります。

まずは個々の企業がこの計画書をどの程度達成できるかという点です。

例えば時価総額の基準が満たない場合、時価総額=株価×株式総数という式を考えると、その対策として株価をあげる努力をすることが考えられます。そこに力を注いでくれるのであれば一投資家としてもありがたいですし、プライム指数を上昇させる効果もあり停滞していた日本株が動き出すきっかけになるかもしれません。

もう一つはもし企業が上記の努力を怠ったり、十分な対策ができなかったりした場合、東証がプライム市場からの降格を進めるかどうかという点です。

仮に今回の移行措置は対策の時間が不十分な関係もあり許されるとしても、もしその後も基準に満たない企業が長期にわたってプライム市場に残るのであれば、それは今度は市場の信頼性という点で投資家が離れる原因になりかねません。

その点を考慮すると個人的にはある程度の時期で再び基準に照らし合わせて検証し、プライム上場の基準に満たない企業はスタンダード市場など本来あるべき市場へ移行されるべきだと思います。

それが実際に行われるのか、今後に注目していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました