東南アジア株の株式リターン、特に差がついたのはあの国…

投資アイディア

米国株に組み合わせる面白い資産は無いか…このページでは様々な国ごとのリターンで探しています。

ここではその中でも東南アジアの各国を比較しています。

緑が米国(VOO)、青がインドネシア(EIDO)、黄色がフィリピン(EPHE)、黒がマレーシア(EWM)、赤がタイ(THD)

全体的には±2%台に多くの国が集まっています。米国株の+25%が恐ろしく高く見えますね。

このグループの中でもマイナスが特にひどいのがマレーシア(黒)です。ここはコロナの感染をある程度抑えているにもかかわらず、このパフォーマンスでした。

その原因の1つと考えられるのは増税。法人税の引き上げに加え、投資にかかる印紙税も上がるため、投資家が嫌気したようです。

思い返してみれば日本でも金融所得課税が話題になるとそれまでの株価上昇を打ち消すほどの下落を演じました。日本に限らず増税は株式に対して大きなマイナス要因になりそうです。今後の各国の税制もこれからの投資には要注意な要素になっていきそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました