米国株のセクターとその代表銘柄まとめ

投資アイディア

米国株のインデックス投資というとVOOやVTI、時にはQQQへの投資が一般的かと思います。しかし、指数の中でも特にこの分野が伸びそう!なんて時にはセクターETFを組み合わせることによってより自分の理想のポートフォリオに近づけられます。

とは言っても米国株のセクターにどのようなものがあって、それぞれにどんな企業が含まれているかはわかりにくいもの…そこで今回はバンガード社のセクターETFを使って各セクターの構成を見ていきます。

各セクターの名前の横にはバンガード社から出されているETFのティッカーを併記しています。もし各セクターへの投資を考える場合はそのティッカーのETFが経費率も低くおすすめです。

通信(VOX)

1Alphabet Inc.
2Facebook Inc.
3Walt Disney Co.
4Comcast Corp.
5Netflix Inc.
6Verizon Communications Inc.
7AT&T Inc.
8Charter Communications Inc.
9T-Mobile US Inc.
10Snap Inc.

グーグルの親会社アルファベットにフェイスブックとGAFAMから2銘柄入っています。それ以外だとウォルトディズニーやネットフリックスなど、動画配信サービスの企業がここに入っています。考えてみればグーグルはユーチューブを傘下に収めていますので、動画・SNSは通信と覚えてもよさそうです。

一般消費財(VCR)

1Amazon.com Inc.
2Tesla Inc.
3Home Depot Inc.
4NIKE Inc.
5McDonald’s Corp.
6Lowe’s Cos. Inc.
7Starbucks Corp.
8Target Corp.
9Booking Holdings Inc.
10TJX Cos. Inc.

一般消費財と言うとナイキ、マクドナルド、スターバックスなど消費者にもよく知られた企業が多くあるイメージでしたが、なんと組み入れ比率1位はアマゾン、2位はテスラモーターズです。どちらも名の知れた企業と言う点ではここでも違和感ないですが、3位以下と比べるとなんかちょっと浮いた感じを覚えます。

生活必需品(VDC)

1Procter & Gamble Co.
2Coca-Cola Co.
3PepsiCo Inc.
4Walmart Inc.
5Costco Wholesale Corp.
6Philip Morris International Inc.
7Mondelez International Inc.
8Altria Group Inc.
9Estee Lauder Cos. Inc.
10Colgate-Palmolive Co.

ディフェンシブ銘柄と言われる生活必需品セクターですが、意外にもGAFAMは1つも入っていないセクターでもあります。P&Gを筆頭にコカ・コーラ、ペプシコ、ウォルマート、コストコなどやはり消費者にも馴染みの企業が多く入っています。バフェットが好きな銘柄も多いですね。

セクター間で比較するとGAFAMが入っていないせいか大きな上昇はあまり見られませんが、下落局面ではしっかり粘ってくれる特徴があります。

情報技術(VGT)

1Apple Inc.
2Microsoft Corp.
3NVIDIA Corp.
4Visa Inc.
5Mastercard Inc.
6PayPal Holdings Inc.
7Adobe Inc.
8salesforce.com Inc.
9Cisco Systems Inc.
10Intel Corp.

2021年9月時点で米国株No.1の時価総額を誇るアップルが入っているのが通信セクターです。マイクロソフトもここにいます。それ以外の有名どころはビザにマスターカードなどのクレジットカード会社でしょうか。半導体関連も投資歴の長い人はお馴染みかもしれません。

エネルギー(VDE)

1Exxon Mobil Corp.
2Chevron Corp.
3ConocoPhillips
4EOG Resources Inc.
5Schlumberger NV
6Marathon Petroleum Corp.
7Kinder Morgan Inc.
8Phillips 66
9Pioneer Natural Resources Co.
10Williams Cos. Inc.

エネルギー株と言えば石油株を筆頭に割とイメージしやすいセクターかなと思います。SDGsの観点から言うと投資しづらい側面もありますが、原油価格の動向次第では面白い投資先になるかもしれません。

金融(VFH)

1JPMorgan Chase & Co.
2Berkshire Hathaway Inc.
3Bank of America Corp.
4Wells Fargo & Co.
5Citigroup Inc.
6Morgan Stanley
7BlackRock Inc.
8Goldman Sachs Group Inc.
9American Express Co.
10S&P Global Inc.

金融セクターも大手の銀行が入るなどかなりイメージしやすいセクター化と思います。金利の上昇局面では金融株がアウトパフォームする傾向があるので使い方次第では面白い展開になるかも…!

公共(VPU)

1NextEra Energy Inc.
2Duke Energy Corp.
3Southern Co.
4Dominion Energy Inc.
5Exelon Corp.
6American Electric Power Co. Inc.
7Sempra Energy
8Xcel Energy Inc.
9Public Service Enterprise Group Inc.
10American Water Works Co. Inc.

日本ではあまり有名な企業は無いかもしれません。しかし、ディフェンシブな銘柄が多いと言えるのではないでしょうか。あまり個別銘柄で投資した経験はない企業群です。

資本財(VIS)

1Honeywell International Inc.
2Union Pacific Corp.
3United Parcel Service Inc.
4Raytheon Technologies Corp.
5Boeing Co.
63M Co.
7General Electric Co.
8Caterpillar Inc.
9Deere & Co.
10Lockheed Martin Corp.

輸送系の企業や航空株がこちらのセクターに入っています。組み入れ1位のハネウェルは電子制御システムや自動化機器を製造販売企業です。

ヘルスケア(VHT)

1Johnson & Johnson
2UnitedHealth Group Inc.
3Pfizer Inc.
4Abbott Laboratories
5Thermo Fisher Scientific Inc.
6AbbVie Inc.
7Eli Lilly & Co.
8Merck & Co. Inc.
9Danaher Corp.
10Medtronic plc

今回の新型コロナワクチンで有名になった企業はこちらのヘルスケアセクターに属します。

素材(VAW)

1Linde plc
2Sherwin-Williams Co.
3Air Products and Chemicals Inc.
4Ecolab Inc.
5Freeport-McMoRan Inc.
6Newmont Corp.
7Dow Inc.
8DuPont de Nemours Inc.
9PPG Industries Inc.
10International Flavors & Fragrances Inc.

素材セクターもそれほど有名ではない企業ばかりと言う印象です。B to Bの領域で活躍する企業ばかりだからと言えそうです。

まとめ

以上みてきたように、消費者として我々に馴染み深い企業が多いセクターもあれば、イメージが湧きづらいセクターもありました。また、GAFAMが入っているかどうかも現在のGAFAM優位な投資環境では重要な判断材料になるかもしれません。

ここに挙げたETFはポートフォリオの主役になるものではないかもしれませんが、味付けとして少量加えると一気に投資の面白さを倍増させてくれるのではないかと思います。

また、セクター投資に慣れてきたら個別株投資も面白くなると思います。ぜひこういったETFも組み入れて楽しく資産形成をしていきたいものです。

米国の各セクターは新型コロナ前後でどんな動きをしたのか

コメント

タイトルとURLをコピーしました