スマートホーム化計画、一番合うメーカーは?

家電

おうち時間が増える今日この頃、ちょっとした家電の操作が億劫になることもあると思います。我が家でも主な居住スペースが1階と2回に分かれており、その行き来が面倒になることも…

そこでスマートホーム化することで少しでもその行き来を減らすことができないかと調べ始めました。

スマートホーム化するにあたり、まず初めにスマートリモコンを買うことに決めました。理由は赤外線操作できる家電を学習させることで、古い家電でもアプリから操作できるようになるからです。10年近く新しい大物家電を買い替えていないわらびー家でもテレビ、エアコン、部屋の照明がスマート化でき、おまけに最近買ったサーキュレーターやロボット掃除機も操作可能になりました。

主なメーカー

家のスマート化を謀るにあたり、一番初めに確認しておきたいのが自分がどのようなスマート機器を主に使いたいと思うかです。基本的にメーカーごとにアプリが異なるため、可能な限り一つのメーカーでそろえる方がアプリの操作性の面で楽になります。スマートリモコンを買うにあたり、個人的に気になったメーカーは以下の通り。また、個人的に今後の買い足し予定はスマート電球とスマートプラグです。

+スタイル

+スタイル(プラススタイル)はソフトバンクの子会社で特徴としては豊富なスマート機器があること。スマートプラグやスマート電球はもちろんのこと、オリジナルのロボット掃除機やシーリングライト、また人感センサーや開閉センサーなど家電・センサーともに豊富なことが強みになっています。ちょっとマニアックなところだとコーヒーメーカーまであります!

また、自分がスマートホーム化に興味を持ってからも扇風機やカーテン自動開閉機など新しい機器が続々追加されているのも楽しみなところです。

センサー類はそれを起点にして他の家電に指示を出すことができるので、「人感センサーが反応したら○○をつける」などの使い方をします。

SwitchBot

SwitchBot(スイッチボット)の特徴は何と言っても「スイッチを押してくれる家電」があること。リモコンが無く、また通電しただけでは電源が入らない機器はスマート化には向きませんが、SwitchBotがあれば人の代わりに電源ボタンを押してくれます。空気清浄機などはこれを使ってでないとスマート化が難しいと思います。

また、カーテン自動開閉機があるのもこのメーカーの特徴です。

(2021年5月に+スタイルでもカーテン自動開閉機を扱うようになり、唯一のメーカーではなくなってしまいました)

スマート電球が無いのは個人的には残念なところでした。(ただ、プラグを使えばベッドライトをスマート化する方法などはあります)

TP-Link

TP-LinkはWifiのルーターで有名な会社です。スマートホーム化をするにあたり、家のWifiも大きな役割を担います。スマートリモコンは出していない会社ですが、LED電球やスマートプラグを出しているので個人的にはいいところを抑えているなと思いました。

また、TP-Linkのスマートプラグは価格が安いのもメリットです。1つ当たり1000円程度で買えるので、数を揃えたい場合はかなりのメリットになります。

ネットワークカメラなどを購入予定の人にとっては良い選択肢かもしれません。

我が家では+スタイルを購入!

色々と悩んだ結果、我が家では+スタイルでスマート化をしてみることにしました。理由は何と言ってもその豊富な機器でした。一部屋だけスマート化するのであればスマートリモコンを使えばどのメーカーも大部分可能ですが、こっちの部屋には掃除機を、あちらではカーテンやコーヒーメーカーを…と部屋ごとにスマート化したいものがある場合は特にスマート機器が豊富な方がやりやすいと思います。

上記の通りスマートリモコンを手始めに買うことにしましたが、ゆくゆくは追加でいくつか買い足していこうと思います。

スマートリモコンを設定して分かった注意ポイント・うれしい誤算

コメント

タイトルとURLをコピーしました