VOOG vs VOOVでアメリカのグロース・バリュー株対決を見る!

ニュース

株式投資にはグロース株投資(成長株投資)とバリュー株投資(割安株投資)があります。

キャピタルゲイン(値上がり益)が狙えるグロース株投資、キャピタルゲインが狙えるバリュー株投資とそれぞれに一長一短があるわけですが、実際のところはどちらの方がリターンが高いのか、検証してみました。

過去のトータルリターンが見られるサイト、ETF replayを使ってS&P500 の成長株を集めたVOOGと割安株を集めたVOOVを比較してみます。

2020年年初来のチャート。緑がVOO、青がVOOG、黄色がVOOV

2020年の年初来からのチャートを見てみますと成長株のVOOGが割安株のVOOVをアウトパフォームしています。特にコロナウィルスによる暴落があった3月以降にその差が広がっています。GAFAMに代表されるハイテク株は成長株に多く、それらがコロナの影響を受けなかったorコロナ禍を追い風に業績を伸ばしたのに対し、オールドエコノミーと言われるコロナ禍の影響が直撃した業態が割安株に多かったのがその主な原因と考えられます。

2020年はある意味では特殊な年だったとも言えるかもしれません。もう少し長い期間を取ってみるとどうでしょうか。ということで、次は直近3年間の推移です。

緑がVOO、青がVOOG、黄色がVOOV。

過去3年間を見てもおおむねグロースがバリューをアウトパフォームしています。少なくともこの3年間はグロース株に軍配が上がりますね。

過去の3年間がその後のパフォーマンスを表す保証は全くありませんが、今のところはグロース株投資の方が成績がいいということは言えそうです。もし今後も成長株が伸びると思う場合はVOOGを、バリューの逆襲があるのではと思う場合はVOOVを、どっちでもいいじゃんと言う方はVOOを投資対象にするといいのかもしれませんね。笑

ちなみにわらびーは…VOOと一部個別株というポートフォリオだったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました