スマートスピーカーを実際に使ってみて便利だと思うこと

家電

わらびーの家には現在スマートスピーカーが2台あります。各社が出すスマートスピーカーでできることは他のサイトさんでかなりまとめられていると思うのでそちらに譲るとして、個人的に使ってみて便利だった機能にフォーカスして書き出してみます。

LINE Clova

我が家に来た初代スマートスピーカーはLINEのClovaです。


LINE ライン スマートスピーカー Clova Friends SALLY NLS110JP [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応][ライン サリー NLS110JP]

フォルムからも分かるように子供受けを狙ったスマートスピーカーだと言えるでしょう。機能としても子ども向けのものがあり、かなり重宝しています。

絵本の読み聞かせ機能

Clovaには日本と海外の昔話が合計50種類入っており、読み聞かせをしてくれます。特定のお話を読んでもらうほか、「お話を聞かせて」というとランダムで再生してもらうこともできます。

子どももフォルムと共にこの機能を気に入っており、色々な話を読み聞かせてもらっています。

調べもの

スマートスピーカーと言えば、という機能かもしれませんが、簡単な調べものを話しかけるだけでできるのは重宝します。

子どもの「〇〇ってなーに」はなかなか難問で、スマホで調べだすとそのうち「スマホでゲームしよう」になってしまいますし、かといってごまかすのもどうかと思うし…

そんな時には「クローバに聞いてみようか」とつなぎ役に使っておいて、その間にサクッとスマホで調べておくとクローバが概要を説明して、更に分かりやすいサイトで補足説明をすることが可能になります。

特に画像検索などはいきなり子供とやるとショッキングな画像が引っかかってしまうリスクもあるため、クローバが「時間稼ぎ」をしてくれるのは結構助かります。笑

バッテリー内蔵

子どもが使うことで意外と助かっているのがバッテリーを内蔵している点です。子どものことなのであちこちへとスピーカーを持っていきたがるのですが、スピーカー自体がバッテリー内蔵のため簡単に移動できます。

正直最初はそれが普通と思っていたのですが、後日別のスマートスピーカーを買ったところバッテリーが入っていなかったので、改めてその良さを知ったところです。

LINEとの連携

個人的にはそこまで使っていない機能ですが、LINEと連携できるのもClova特有の機能です。LINEを多用する人にはClovaの魅力がまた一つ増すと思います。

Google Nest Mini

我が家の第二号スマートスピーカーとなったのがGoogleのNest Miniです。特に必要に駆られて買ったわけではないのですが、価格が…


スマートスピーカー Google Nest Mini チョーク GA00638-JP Bluetooth対応 Wi-Fi対応

2,300円…え?こんな値段でいいの?って感じでとりあえず購入。、用途は後から考える。笑 そんな感じで我が家に2つ目のスマートスピーカーが来ました。上でも書いた通り、2台目が来ることで1台目の良さにも気づくという副次的な効果もありましたが、Nest Miniでよかったと思う機能は以下の通り。

Spotifyと連携

個人的にClovaにもほしかった機能がSpotifyとの連携です。無料アカウントでも曲をフルに聴けるSpotifyはちょっとした時の音楽に最高です。しかもSpotifyは特定のアーティストのプレイリストを再生するとそれに近い別のグループの曲も聴くことができるので、自分の知っている音楽の幅を広げるにも有効です。

気になる曲がかかった時には「この曲は何?」と聞くとアーティストと曲名を教えてくれます。気になったその時に確認できるからあとで「アレいつも気になっているんだけど…なんだっけ?」ということもありません。Spotifyを使っている人はそれだけでGoogle HomeやGoogle Nestを買う価値があるともいます!

電卓機能

色々な調べものをしてくれるスマートスピーカーですが、電卓としても使えてちょっとした計算を任せられるのは助かっています。「10,000円の12分の1はいくら?」などと話しかければすぐに計算してくれます。

カレンダーとの連携

Googleカレンダーを利用している人にとってありがたいのがGoogleカレンダーとの連携です。予定の読み上げや入力をすることができるので、別の作業の片手間にカレンダーの確認ができます。

スマートスピーカーがあれば日々の生活が少し楽できる

まだまだスピーカーの力をフル活用できていないこともあり、無ければ無いで生活に困ることもありませんが、1台あると少し楽できると実感しています。

上記以外にもBluetoothスピーカーとしても使え、一時期はその利用法が主な使い方だったこともあります。

また小型のものなら値段も安く試しに買ってみる、ができるくらいになってきています。各社様々なグレードを出していますが、大きな違いはスピーカーの能力でAI自体は同じものを搭載しています。だから「使ったことはないけど、試してみてもいいかも」と思う人はまず小さいもので試してみて、気に入ったらグレードの高いものに買い替えるくらいのつもりで、スマートスピーカーのある生活を堪能してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました