科博の恐竜博(2019年)を写真満載で振り返ってみる

恐竜

なかなか外出しづらい今日この頃…せめて写真でも見て外に行った気分になろうと思い、アルバムを掘り返してみました。

今回は国立科学博物館の恐竜博2019!

今回まとめるのは国立科学博物館で行われた恐竜博2019!注目の化石は巨大な手の化石だけが発見され「20世紀最大の謎」と言われたデイノケイルスと、北海道むかわ町で発見された通称むかわ竜でした。むかわ竜は後に「カムイサウルス・ジャポニクス(日本の神トカゲ)」と命名されました。この正式名称で載っていないポスターはある意味レアものってことになりますかね?

その恐竜らしさのある展示

恐竜博で何気にテンション上がったのが各恐竜の特徴を全面的に出した展示。

獲物を狩るデイノニクス

何という臨場感!なかなかこんな展示は見られません!企画展だからこそできそうな展示ですね。

常設展のデイノケイルス。「普通の姿勢」で展示するとこうなる。

常設展の展示と比べてみるとその差は歴然。蛇足だが、常設展のデイノニクスは白い棒を軸にしてグルグル回せるようになっていた。足の裏や頭の上からも見られる画期的なアイディアだが回しながら「上手に焼けました~♪」とか聞こえてきそうな勢い。笑

デイノニクスの名前は「恐ろしい爪」。この足のかぎ爪から命名された。

どうやら今回は影の目玉としてデイノニクスのホロタイプ標本もあったようです。「ホロタイプ(模式標本)とは、ある一つの恐竜を種として定義する際、基準となる化石のこと」ということで大変貴重で基本的には持ち出さないような代物。そんなものまで来ていたとは…しかしにわかファンゆえ「貴重さ」よりも「見栄え」に心惹かれてしまうという…笑

マイアサウラは…子育て!

ほかにも恐竜が子育てをしていたのではと考えられるきっかけとなったマイアサウラはもちろん子育ての姿を再現。それぞれの恐竜が何で有名になったかを一目で理解させてくれる展示に興奮しっぱなしでした。

デイノケイルスの手。20世紀はこれだけ見つかった。

そして「20世紀最大の謎」と言われたデイノケイルス(恐ろしい手)の手。単純にティラノサウルスの手と比べるとその大きさは3倍!じゃー体も3倍なワケ?と想像してしまうほどとんでもない大きさの化石でした。展示の最初はこれだけ見せるのも、20世紀のワクワク→21世紀の新発見を追体験させるような作りで先が気になります。

卵を温めていたオヴィラプトルの仲間、シチパチ。

恐竜が卵を温めていたと思わせた恐竜シチパチもありました。シチパチはオヴィラプトルの仲間。オヴィラプトルは「卵泥棒」の意味で発見当初は他の恐竜の卵を狙っているものと思われていました。後にこの化石が発見され、オヴィラプトルは自分の卵を温めていただけだったことが判明。まさに濡れ衣じゃん…って感じの恐竜ですが、名前はその後も変わらないんですね。笑

いよいよデイノケイルスの全身骨格!

そしてここからデイノケイルスの全身骨格と対面です!

その大きな手とは対照的に優しそうな顔!

凶悪な肉食恐竜を連想してしまいがちな手でしたが、意外にも草とか食べてそうな顔のデイノケイルス。NHKで「ヘンテコ恐竜」なんて紹介されてしまうほどのギャップです。

別の角度から。優しそうとは言っても、出会ったら死を覚悟する迫力。

正面の写真。威圧感ハンパない。

デイノケイルスと同時代を生きた、タルボサウルス(ティラノサウルスの仲間)。

すぐ隣には同時代を生きたライバル(天敵?)タルボサウルスの化石も。タルボサウルスは見てわかる通りティラノサウルスの仲間です。いつも思うけどティラノサウルスの手ってもう少し何とかならなかったのか…!笑 小さすぎでしょ。

手のアップ。これでタルボをぶちのめしたのか

手の迫力。これならばタルボサウルスも撃退できたかもしれませんね。

下で紹介しますが、NHK『恐竜超世界』のデイノケイルスの回は涙無しには見られない名作です。

続いてむかわ竜!

デイノケイルスを堪能した後はむかわ竜です。こちらは全身の80%の骨が見つかったということで「完成度」の高さも注目ポイントだったようです。

むかわ竜はハドロサイルス類。いわゆるカモノハシ恐竜だ。

この時は実際の発掘調査で使われた見取り図的なものも展示されていたが、撮影禁止とか。見る人が見ると化石発見の奥義でも分かるのだろうか…

横から見るとカモノハシ感がよくでる。
さらりとティラノサウルスも展示されていた。どこにおいても映える便利なヤツ。

それ以外にもモササウルス類の映像展示などもありました。こちらはDVD化されているので今でも楽しめますね(第1集がデイノケイルス、第2集がモササウルスです)。

第1集のデイノケイルスは涙無しには見られない作品。恐竜見ながら号泣できる数少ない映像作品の一つ。笑

常設展もチラッと!

国立科学博物館は常設展コーナーにも恐竜が紹介されています。こちらはいつ行っても見ることができるので立ち寄った際はぜひ!

またまたティラノサウルス。頭の大きさと手の小ささのギャップがすごい。
トリケラトプス、意味は「三つの角の頭」。意外とそのまま。
ステゴサウルス。個人的にはカッコいいと思っている。頭小さい!
パキケファロサウルス。最近は頭突きしていなかった説が唱えられているとか。

個人的にはパキケファロサウルスの頭と手のバランスが良い感じだと思います。しかし意外と小さいんですよね(4-5m、ティラノは約13m)。そういうことが知れるのも化石を見に行く楽しみだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました