投資のプロだって失敗する、うまくいかなかった時読むバフェットの名言

投資の名言

投資の世界はお金を失うこともあるので決断を下すのに時間がかかりますし、それがうまくいかなかった時は本当にへこみます。また、「投資は博打」とか「株は全額帰ってこないリスクがある」など必要以上に不安を煽るような表現も見聞きします。

しかし、投資をしなければ安全なのかと言えば、そうではないと思います。

日本人も陥りがち!?投資をしないリスクをバフェットの名言から考える
日本経済の歴史を見てみると、投資アレルギーになるのも仕方なし…という状況かもしれません。日本では株主は軽視される傾向にありましたし、昔は総会屋なんて裏社会とのつながりもあったとか…バブルとその崩壊で人生を棒に振った人、またそれを見た人も多...

そうやって気持ちを奮い立たせたのにうまくいかなかった…そんな時はバフェットのこの言葉を思い出して次に気持ちを切り替えます。

I bought a company in the mid-’90s called Dexter Shoe and paid $400 million for it. And it went to zero. And I gave about $400 million worth of Berkshire stock, which is probably now worth $400 billion. But I’ve made lots of dumb decisions. That’s part of the game.

ウォーレン・バフェット

私は1990年代中ごろにデクスター・シューという会社を買い、4億ドルを支払った。そしてそれは0ドルになった。4億ドルの価値があるバークシャー株をあげたこともある、それは今ではおよそ4000億ドルの価値がある。私は馬鹿な決断をたくさんしてきた。それも市場でのゲームの一部だ。

投資の世界で一番うまくやってきた人の一人であるバフェットがたくさん失敗をしてきたと言い、それでも世界の富豪5本指に入るわけですから、一時的なミスは仕方ないと割り切るしかありませんね。バフェットも途中で投資をやめてしまったら今の評価は無かったわけですし、減らした資産以上を別の部分で増やしながらトータルでプラスにしていく姿勢で今後も臨んでいこうと思います。

ちなみにバフェットは自分の会社やパートナーシップに投資してくれた人が損をしたときはその悲しみを同じく味わうために自分の資産のほとんどをバークシャー株で持っています。良い時も悪い時も株主と一緒に歩む、裏表のない誠実な投資家だと思います。興味を持ってもらえましたらこちらもどうぞ。

ウォーレン・バフェット-世界一の富豪にもなった投資家:どんな人?その生い立ちは?
世界一の富豪にもなった男投資家の王道を行きながら、そのパフォーマンスの高さ(50年で資産7,000倍!)故に研究対象としては「例外」とさえされてしまう、生ける伝説ウォーレン・バフェット。2019年現在も89歳でバリバリ現役の活躍を...
ウォーレン・バフェット-世界一の富豪にもなった投資家:バークシャー・ハサウェイを手に入れた経緯は?その頃の投資手法は
ベンジャミン・グレアムとの出会いネブラスカ大学在学時にベンジャミン・グレアム著『賢明なる投資家』に出会い、チャート分析を捨てる。そしてグレアムが関係している企業をことごとく調べ上げ、ガイコに投資。様々な投資のプロにガイコについて聞...
バフェットの名言まとめ
バフェットの名言をまとめました。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました