最近「有事の円買い」が起こらない…その理由とは?

ニュース

最近「有事の円買いが消えた」というニュースを見かけます。

円買い阻む需給要因日経平均、上げ幅200円超す。円安進行で短期筋が先物買いなど連日円高方向へ動かないことがニュースになっています。1月のイラン・スレイマニ氏殺害のニュースがあってもやっと1ドル108円を割った程度、一連のコロナウイルス報道でも1ドル108円台が続きむしろその後は円安方向へ動き始めています。

様々な要因が絡み合って決まる通貨相場ですが、海外資産への投資が増えていることやドル円相場が上にも下にも動かない日が続いたため別の通貨ペアにFXトレーダーが流れたことなども影響しているのではないかと考えられます。

今後もこのまま動かないのか、大きく動く転機があるのか、あるとすればそれは何なのか、興味は尽きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました