バフェットの名言まとめ

投資の名言

バフェットの名言をまとめました。

ルール2はルール1を忘れるな!?天才バフェットは言葉のセンスも面白い
投資の天才ウォーレン・バフェット。その天才ぶりは清々しいほどです。これほどの天才になると難解な言葉を駆使して相手を手玉に取るなんて容易いもの…と思いがちですが、実はバフェットは説明や冗談の天才でもあるのです。実に簡単な表現で本質を突くこと...
長期投資の心得は?何年くらい持ち続ける?参考になるバフェットの名言7つ
長期投資がいいと一口で言っても、どのくらい持つかは人によって異なります。どのくらいが良いかは投資環境などによっても多少異なるとは思いますが、長期投資・バリュー投資の代表とされるバフェットはこんな言葉を残しています。I never ...
話題株ばかり買ってもうまくいかないときに思い出すバフェットの名言集
株の世界では「噂で買ってニュースで売る」なんて言い方があります。話題に上るころには買い時は過ぎているということです。バフェットもそれについて述べている言葉があります。Most people get interested in st...
長期投資の大家ウォーレン・バフェット、その背景にある考えとは
長期投資の強みは何といっても時間を味方につけられることです。成長はゆっくりでもそれが積み重なると大きな力になります。バフェットもこのような言葉でそれを表現しています。Someone's sitting in the shade t...
言われてみれば納得?バフェットとイチロー、2人の天才に共通する素質とは?
世の中で天才と言われている人は決して自分が何か特別なことをやっているという感覚を持っているわけではないようです。バフェットの以下の言葉にもそれがにじみ出ているような気がします。It is not necessary to do e...
日本人も陥りがち!?投資をしないリスクをバフェットの名言から考える
日本経済の歴史を見てみると、投資アレルギーになるのも仕方なし…という状況かもしれません。日本では株主は軽視される傾向にありましたし、昔は総会屋なんて裏社会とのつながりもあったとか…バブルとその崩壊で人生を棒に振った人、またそれを見た人も多...
バフェットがITに投資しない理由。しかし、これを実践できる人って…
ハイテクは投資対象外バフェットの評価が一時的に下がったことがあります。それはテックバブル(ドットコムバブル)のころ。~.comとついていればなんでも有望株だった時代があったんですね。それでもバフェットはハイテク銘柄を全く買わず、結...
相場を野球に例えたり…相場急落をやり過ごすバフェットの名言
コロナ後は上昇相場が続いていますね。こんな時は投資できる資金をすべて投入したくなります。なんなら信用取引もして…なんて思ってしまいがちですが、相場が上昇しているときでも、そこから急落した場合を想定して投資したいものです。We si...
分散投資はしない!?バフェットの集中投資の背景にある考えとは
投資の指南書にはよく「卵を一つのかごに入れない」「分散投資をしてリスクを分散する」という話が出てきます。特に最初のころはどの投資にどれほどのリスクがあるか分からない部分もあるので、そのような投資法も有効です。ただ、バフェットに言わせるとそ...
子供にこそ知ってほしい!未来を切り開くバフェットの名言
小さな子供には無限の可能性があります。今回はそんな子供たちを勇気づけてくれそうな一言。The most important investment you can make is in yourself.ウォーレン・バフェット...
答えのない、一寸先は闇のビジネスの世界をうまく言い表したバフェットの名言
ビジネスの世界も投資の世界も、未来の予見は極めて難しいですよね。後になってこうすれば良かった…というのはいくらでも言えるものですけど、実際にその場面に立ってみると、意外と分からないことも多いものです。そんな世界をうまく表現しているのが下の...
歴史は繰り返す…投資の世界で知っておくべき格言
「歴史は繰り返す」とはよく聞く格言ですよね。これは投資の世界でも当てはまるようです。What we learn from history is that people don't learn from history.ウォーレン・...
日本に寄付文化は定着しない!?日本人にはない寄付に対するアメリカ人の想い
日本には人々は平等という感覚が根付いていて、あまりそのことを意識する機会はありません。しかし、世界からは「世界で最も成功した社会主義国」と言われているあたり、我々の感覚は資本主義国のそれとはちょっと違っていると考えるほうがむしろ自然なのか...
投資の天才バフェットは自分で経営しない?「物言わない株主」の流儀とは
何でも自分でやらなければ気が済まない人がいます。しかし、それが全体のために一番良い選択かというと、必ずしもそうではありません。人に任せるのも時には必要です。人に任せるのが不安になった時には以下の言葉を思い出しましょう。And so...
正しい目標をもって努力することの大切さがわかる名言
バフェットは目標とする人の大切さについて述べた名言もあります。それはバフェット自身がベンジャミン・グレアムと運命的な出会いをして導かれたことで身に染みているからかもしれません。Tell me who your heroes are...
断る勇気も大切、Noと言えるようになるバフェットの名言
断ることができないという人、結構いますよね。バフェットほどの大金持ちだと何でもできるスーパーマンみたいなイメージを抱いてしまいますが、伝記などを読むとむしろできることとできないことがかなりはっきりしている人のようです。そうなると自...
大切なのは忍耐…投資家に必要な資質を言い当てた名言
バフェットは投資家の資質として忍耐力をあげています。今回はそれについて言及した名言を集めました。Calling someone who trades actively in the market an investor is li...
金持ちから見た金持ちとは、また金持ちが大切にする素質とは
金持ちと聞くとどんな人をイメージしますか?感じのいい人でしょうか。それとも雰囲気の悪い人でしょうか。バフェットも金持ちの一人として、色々なビリオネアと交流があるようですが、ビリオネアになると品格が身につくかというとそうでもないようです。...
困ったときこそシンプルに!難解な投資商品に出会ったときに思い出すべきバフェットの名言
投資商品を見ていると人間の英知を結集したような難解なものがありますよね。でもそんなときはこれを思い出してください。There seems to be some perverse human characteristic that ...
将来の株価予測は不可能!?株価の予想に関するバフェットの名言
将来の株価が分かれば億万長者まっしぐらですね。しかし、実際にはそのようなことは難しいようです。それを端的に表した名言がありました。Forecasts may tell you a great deal about the fore...
日々の株価に一喜一憂しないようになるバフェットの名言
2020年初めはイラン・アメリカ関係で株価が上下しました。そんなことにも動じないようになる名言をピックアップします。Remember that the stock market is a manic depressive.ウォーレ...
お金がすべてでない、はお金を稼いでから言おう
「お金がすべてじゃない」という使い古された言い回しがありますが、本当の金持ちはその上を行きます。投資の天才、ウォーレン・バフェットはこんなことを言っています。Money is not everything. Make sure y...
人生100年時代の投資の根底にあるべき考えをバフェットから学ぶ
人生100年時代に老後2000万円問題と2019年は老後とお金の問題に注目が集まりました。さらに今後預金金利も大幅な上昇が見込めず、インフレ(ものに対する現金の価値の下落)も進んでいくとなると以下のバフェットの言葉はいよいよ現実味をおびて...
投資と知能は無関係?バフェットの考える投資家の資質とは?
多くの人が賢くないと投資はできないと考えているようです。ある投資商品が理解できないとき「でもこんなに頭いい人がおすすめと言うならきっといいものだ」と考えてしまったりしていませんか?投信の販売者にとって良いものは必ずしも購入者にとって良いも...
倹約家でもあるバフェット、ものにお金を使わないことを自虐的に振り返る
超有名な投資家、ウォーレン・バフェットは倹約家としても有名です。1956年に買った家にずっと住み、古いフォルクスワーゲンに載り続けるなど逸話が残っています。それだけ稼いでいながら、なぜお金を使わないのか、ある時バフェットはこんなことを言い...
ボラティリティが上がってきた時思い出したい、バフェットの名言
2020年はイラン・アメリカ問題に始まりコロナウィルスの蔓延など経済にとっては波乱含みのスタートとなりました。マーケットも一喜一憂し株価が上下に大きく動く日が続いています。株価が下がった時こそ買い時ですが、なかなか勇気が出ないこと...
アメリカの富裕層は自身への増税を歓迎?その背景にある考えとは
2010年後半は格差の広がりが注目されることが増えました。米国のトランプ大統領の誕生や欧州で極右・極左派が台頭するなど政治の世界では影響が出始めています。そんなこともあり、超富裕層からも格差是正の提言が出てくるようになりました。...
日本政府も言っていたトリクルダウンに富裕層は懐疑的、それに代わる対策とは
最近聞かれなくなったトリクルダウン、富裕層が裕福になればその人たちの消費のおかげで下の層にも富が流れるという考え方ですが、バフェットも懐疑的だったようです。The rich are always going to say that...
投資の世界で一番怖いものは…その対策と合わせて紹介!
投資の世界で一番怖いものとは何でしょうか。暴落でしょうか。それともブラックスワンのような予想だにしない事でしょうか。ウォーレン・バフェットによるとそれは以下の二つのようです。When you combine ignorance a...
アメリカを信じろ!バフェットの自国愛がにじみ出る名言
著名投資家ウォーレン・バフェットは米国株の長期保有が基本スタンスですが、その投資スタイルの背景にはアメリカへのゆるぎない信頼があるようです。It's never paid to bet against America. We co...
幸せかどうかを決めるのは自分、節約や予算管理に必要な基準とは
節約や家計の予算管理をしていると、切り詰めすぎて反動で衝動買いをしてしまったり、本当にやりたいことができずに鬱々してしまったり…なかなかバランスが取りにくいこともあります。そんな時はバフェットのこの言葉を思い出して、自分の考えを明...
投資のプロだって失敗する、うまくいかなかった時読むバフェットの名言
投資の世界はお金を失うこともあるので決断を下すのに時間がかかりますし、それがうまくいかなかった時は本当にへこみます。また、「投資は博打」とか「株は全額帰ってこないリスクがある」など必要以上に不安を煽るような表現も見聞きします。しか...
各国の金融緩和姿勢はいつまで続くか?投資家バフェットも警鐘
世界各国の金融緩和から脱却できずにいます。日本はもちろんのこと、一度金融引き締めに動いた米国でも短期金融市場で資金がひっ迫し、再び資金供給をしています。このような状態にバフェットも警鐘を鳴らしています。We've used...
お金をめちゃくちゃ稼いだ投資家バフェットが至った境地とは
お金を稼ぐことで日々の生活が安定し、自分へのご褒美が買え、自己肯定感を育み…と様々なメリットがありますが、もちろんお金では解決できないこともたくさんあります。世界に名だたる投資家、ウォーレン・バフェットもその点に言及しています。...
投資すべきブランド、ブランドに求めるべき力とは?
企業への投資を考えるとき、その企業が持つブランドは重要な要素になります。ではこのブランドとはどんな役割のあるものでしょうか。世界に名だたる投資家、ウォーレン・バフェットもコカ・コーラ、ジレット(のちにP&G)、シーズキャン...
ビジネスは立て直すものではない!?バフェットの考える不調なビジネスとの向き合い方
投資をしていると不調なビジネスに投資をして、それが何倍にもなって返ってくることを夢想してしまうこともありますよね。実際にそんなことは可能なのでしょうか。ウォーレン・バフェットは投資の世界ではかなりの手腕を持っていますが、不調なビジネスには...
バフェットの投資基準…長期投資の際に参考となる基準は?そういった企業が評価されないときはどうする?
長期投資と言えばバークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットを思い浮かべる人が多いと思います。彼が好かれる理由の一つとして誰もが得られる情報をもとに誰もが使える手法で資産を築き上げていったことが挙げられます。コカ・コーラへの投資は基本...
バフェットの男気?バークシャー・ハサウェイの繊維事業をすぐにつぶさなかった理由
バフェットの初期の投資法は株主解散価値の高い銘柄への集中投資でした。株主解散価値とは企業の資本総額から負債総額を引いた残りで、会社をつぶした際に株主に帰ってくる資本のことです。例えば資産が一株当たり3ドル、負債が1ドルある企業が7...
バフェットも大切にする「余裕」と「時間」…それが生み出す力とは
共働き世帯も増え、色々なものに全力投球の日々が続く人も増えてきました。そうなると必然的に日々を振り返る余裕は無くなってしまうもの。しかしそれでは大きなチャンスを逃したり、大きな失敗をするリスクをあげてしまっている可能性があります。...
投資の天才バフェットが投資に失敗して得た最大の教訓とは
バークシャー・ハサウェイのCEO、ウォーレン・バフェットと言えば最も輝かしい経歴を持つ投資家の一人と言っても過言ではありません。しかし、そんなバフェットも投資で失敗することはあったようです。そんな時は素直に非を認め、その教訓を次の投資に活...
あのバフェットもボヤキが止まらない…バークシャー・ハサウェイの繊維事業へのコメント
ひょんなことから繊維事業会社のバークシャー・ハサウェイの経営を舵取りすることになったウォーレン・バフェットですが、斜陽産業だった米国の繊維事業は投資の神様の手をもってしても大変だったようです。そのせいか、当時の株主への手紙をみると...
インフレはなぜ起こる?バフェットが考えるインフレに強い企業とは?
日本でもインフレの話が出てくるようになりました。中にはステルス値上げなど実感がわかないような形でモノの値段が上がっているところもありますが、そもそもなぜインフレは起こるのでしょうか。その原因は需給の不均衡にあります。バフェットが簡...
投資家バフェットのインフレ論:本当のリターンを得るまでに超えるべき壁とは
投資をしていると何となく含み益があったり配当があったりすると儲かった気分になりますよね。しかし、厳密なトータルリターンを計算すると思わぬ側面が見えてくることもあります。まずは投資の大家ウォーレン・バフェットの考えた「投資家悲惨指数」をもと...
投資家はこうなったら一人前!?バフェットが喜ぶ意外な状況とは
自分が買った株ほど下がり、売った株ほど上がる感覚、多くの人が感じたことがあると思います。しかし、そのような感覚に陥ったら、実はその半分は喜んでもいい状況かもしれません。その理由はウォーレン・バフェットのこの言葉に隠されています。彼は短期的...
バフェットは自社株買いをする企業を狙う!?自社株買いの功罪とは
バフェットは自社株買いをする企業が好きバフェットについての書籍を読んでいるとよく自社株買いについて言及するところを見かけます。バフェット曰く自社株買いをする企業は投資先として魅力的、と。その理由はなぜでしょうか。過去の株主...

バフェットが重きを置くのは正直さ、彼の言葉に見られるその姿勢

コメント

タイトルとURLをコピーしました