ドトールコーヒーの創業社長自伝:起業する人に共通の想いを知ることができます。

書籍・図書

コーヒー、喫茶店に興味を持っていた時に読んだ一冊。その時は何となく読んでしまいましたが、今思うと起業家に共通する想いを分かりやすく説明してくれている気がします。

創業社長に共通する想いとして「自分の事業がどのようにして世の中を良くするのか」というビジョンが明確です。逆にいうとそれが無いと会社、特に大企業としては生き残っていけないということなのでしょうか。

また、大きな転機が来た時に、臆さずにそこにチャレンジしていくのも共通点だと思います。筆者の鳥羽氏も人生をかけてブラジルへ渡航します。いざという時の行動力も共通する資質なのかもしれません。

赤面恐怖症に打ち勝つなど自分を厳しく律し、苦手を克服していく姿なども描かれ、これから新しいことにチャレンジする人も勇気がもらえると思います。

コーヒーや喫茶店が好きな人はもちろんですが、そうでない人も一起業家の精神に触れる一冊としておすすめできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました