『人工知能の革新』:人工知能の発達を間近で見てきた人だけに説得力がハンパない

書籍・図書

羽生善治氏による人工知能についての本です。羽生さんと人工知能、一見するとあまり関係なさそうですが、将棋の世界ではすでに人工知能による戦略が実戦で使われており、定石となっているものも多いようです。ある意味将棋の世界は一般社会よりも早めに人工知能が実用化された世界ということになります。

棋士たちも人工知能の戦略を見ると違和感を感じる部分があるようです。例えば「AIは恐怖を感じない」というような、人間では守りの手を選択したそうな場面でも攻めの一手を容赦なく指してくる場面などがAIにはあるようです。

そのようなAIがもし実社会に出てくると、やはり恐怖心のない異質な存在として目立ってしまう可能性があります。そしてそれをどう受け入れていくのか、今度は人間側の態度が重要になってくる…

そのように実社会で起きそうな問題を棋士たちは一足先に体験しているというのです。

また、判断の根拠はブラックボックスの中にあるという問題もあります。AIの判断はディープラーニングの過程で学習されたものをベースに行われますが、それ自体がブラックボックスで判断の根拠などは分からないようです。

そのような曖昧さや人間と違った感覚を持った存在をどこまで受け入れ利用していくのか、人間に与えられる新たな課題になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました