配当金の支払額を見るときのポイント

財務諸表の項目

株投資の楽しみの一つと言ったら配当金ですよね。わらびーはまだまだ資産を増やしていきたいので配当金は再投資していますが、いずれは配当金だけで生活できるようになりたい!あ、ちなみに再投資のメリットは複利のメリットと同じです。詳しくはこちら。

複利の力を味方にしよう:72の法則、単利と複利とは
投資の世界を語る上で、複利の力に触れない訳にはいきません。しかしド文系・非経済系学部のわらびーにとっては大変イメージしづらい世界でもあります。そこで様々な計算を実際に行うことで複利の力を感じていければと考えています。単利と複利を比...

配当金の支払い額とは支払った配当の総額になります。一般的にはこれよりも配当利回りなどを見るかと思います。また、株主還元全体を見るときには配当だけでなく自社株買いも見る話をしました。なのでここでは配当金の支払い額も使った指標を一つ見ていきましょう。

内部留保の量を測る

一年に稼いだ純利益ですが、これは会社と株主の取り分と言い換えることができます。なぜかというと売上から仕入れ先へ売上原価を支払い(残りは粗利益)、そこから従業員へ給与などを支払い(残りが営業利益)、銀行へ経費を支払い(残りは経常利益)、不測の事態で払ったお金(特別損失)を差し引き、税金を支払うと残るのが純利益だからです。

さてその純利益ですが、株主への還元は配当金と自社株買いと言いました。それ以外は会社が内部留保として残しておく資金ということになります。会社も今後の成長や急な出費に対応するためいくらか資金を残しておくのですね。

さて、その内部留保ですが、純利益-自社株買い+自社株発行-配当金の支払い額で出すことができます。これが毎年伸びていくと企業としても安定しています。また、時々純利益以上を株主還元に回し、その年の内部留保額がマイナスになる企業があります。これは今まで十分に利益を出してきたのでその年の純利益すべて+αを株主に戻している企業です。その状態になれるまでにはかなりの利益を出していなければならないので相当なものです。

一点気を付けなければならないのは、長期の借り入れを増やしながら内部留保を減らしていないかということ。近年の低金利環境で借り入れを増やしつつ手厚い株主還元をしている企業が出てきました。そうなってくると想定外の危機に対応するための資金が用意しきれなくなるリスクがあります。あくまで負債をしっかりと返済し、それでもあまりある資金を還元する企業を探しましょう。

コロナ禍で株主還元を見直し!?欧米企業に配当抑制の要請
今まで手厚い株主還元を行ってきた欧米企業の一部に配当抑制の要請が出ています。対象はコロナ禍で政府支援を受けている企業。一部の企業が株主への過度な還元を行った結果新型コロナ対策ができなかった、また、コロナ対策の資金が株主に流れるのを防ぐため...

財務諸表のいろいろな項目を見てきました。あとは四季報の項目をいくつか見ながらぜひ良い投資先を見つけてもらえればと思います。

四季報の見方・読み方-どこを重点的に見る?
四季報の情報はどこで手に入れる?わらびーが投資先を選ぶうえで情報源とする一つが四季報です。こちらは分厚い冊子になって書店にも売っていますが、オンライン証券会社に口座開設するとウェブ版を無料で見ることができるようにもなります。わらび...

目次の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました