株は余裕資金でやるべき?適切なリスクの取り方とは

投資スタイル

投資の本を読んでいたり人の話を聞いたりしていると、「投資は危険だから無くなってもいいお金でやりなさい」的なことを見ます。果たしてそうでしょうか。「株は余裕資金で」という人の心理と、それに対する対処法を考えてみましょう。

なぜ「株は余裕資金で」なのか

株は「余裕資金で」「無くなってもいいお金で」は一理あります。例えばある会社に投資してその会社が潰れてしまったら、そのお金は最悪戻りません。会社が潰れた場合、お金の返済順が決まっていて債権者などが株主よりも先にお金を返してもらえます。債権者への返済が終わり、お金が残っていれば株主に返金されます。会社に何かあるとそのオーナーである株主の損害は大きいのです。

その代わり債権者は株式よりも低いリターンを受け入れます。株主はハイリターンを得るために、ハイリスクを負っています。

そうなると「無くなってもいいお金で」という発想になるわけです。

「無くなってもいいお金」の語弊

それにしても、「無くなってもいいお金」は語弊があると思います。第一に、皆さんのうちどのくらいの人が「無くなってもいいお金」を持っているでしょうか。真面目に生きていたらそもそもそんなお金は持っていないと思います。

確かに株式は投入したお金が0になることもあります。しかしそれは「そういう可能性がある」というだけで、しっかりとその会社の財務諸表を確認することで避けることができるはずです。

わらびーの尊敬する投資家、ウォーレン・バフェットも自分の資産のほとんどを自身が経営する投資会社であるバークシャー・ハサウェイの株式で保有しています。それは自分の会社の投資家がバークシャー株で損をしたときに「バフェットも同様に損を出して痛い思いをしていること」を慰めにしてほしいからなんて言っています。

リスクをとって無くなってもいいお金をぶち込むのではなく、リスクを上手に避けながら大切なお金も含めて運用していくことを目指してもいいのではないかと思わせてくれたエピソードです。

勝率100%はありえない、トータルでプラスになることを目指す

もちろん、株価が下がることは100%避けられるものではありません(株に元本保証はありません)が、トータルで見ればプラスになることくらいは十分狙えます。

損をしつつも利益を出していく仕組みを作っていくことが大切です。 正直勝率は五分五分でもどうにかなります。2つの銘柄に100万円ずつ投資して片方が2倍、もう片方が半分になったとしても、トータルでは2.5倍です。

ソフトバンクビジョンファンドでもウィーワークの評価損が出ました。しかし、孫正義曰く反省はするが、「 反省し過ぎて萎縮する必要はない 」とのこと。これだけの企業家ですら損することのある世界ですから、素人が無傷でいようとするのは無理があります。失敗をしつつもトータルでプラスになるようにもっていけるようにしていくことが大切です。

リスクをコントロールすることを覚える

投資の初期段階では自分が許容できるリスクを知り、また市場から退場させられないリスクがどの程度のものか知ることが大切です。市場から退場させられなければ「無くなってもいいお金」でなくでも大丈夫ということになります。

しかし、リスクをコントロールするとリターンも比例して低下する可能性があります。その場合はある程度の投資資金を準備しないと期待通りのリターンが得られなくなります。なので、リスクを抑えて手堅く運用する代わりに、ある程度の資金を投入する必要があります。

わらびーは資産のうちの95%以上を株式投資に振り分けていた時もあります。もちろん不測の出費に備えて現金を一定量持っている必要がありますが…このくらい大胆にやってもリスクをしっかりと分かったうえで運用していればやっていけます。

あくまで適度なリスクを取り、継続してリターンを出すことを目標としましょう。一攫千金狙っていくと一時的には良い結果が出るかもしれませんが、どこかで逆の結果になる可能性が高いです。

「無くなってもいいお金」でやっていることは賭けか投機

「無くなってもいいお金」だけで投資をしているのは、一度損を出すと他では利益が出せなくなるくらいの損失が出るからではないでしょうか。それでは賭け事と何も変わりません。

初めの頃こそどうすれば儲かるか、思わぬリスクがないか、「無くなってもいいお金」で試す必要はありますが、ある程度慣れてくれば必ずしも「無くなってもいいお金」でなくてもやっていけます。

投資デビューして最初はいかに早く「無くなってもいいお金」以上のものをつぎ込める投資戦略を組み立てるかにあると思います。一度それができてしまえば、あとはどんどん投資をしつつ資産が増えることを楽しみに待っていればいいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました